40代は楽しいかも

頑張って生きてきて気づいたらアラフォー。なりたい自分になる!と決心し行動しはじめたらどんどん変わってきた人生。日々の気づきを綴ります

40代の妊活は感謝からはじめたいものですね

f:id:tomomino:20171118000109j:plain

私の知り合いには、40歳を過ぎて妊娠し出産した人がいます。
しかも、今年2人いるんですよ。
 
少し前まで、40歳過ぎたらもう無理だと思っていましたので
正直、ちょっと驚きました。
 
 
でも、時代とともに、医療は発達するし、
どこかで読んだことがあるのですが、今の時間の進み方が昔に比べて早いので、同じ年齢でも今の人のカラダの方が若いという内容の記事でした。
 
 
もちろん、確率としてはそう高くはないのでしょうが、
それでも、一昔に比べたら、40代でも子どもを授かり出産する確率は確実に上がっているということなのでしょうね。
 
 
一昨日、こんなことを思いました。
 
 
妊活していて、なかなか妊娠しない……という女性は、
 
生理がくるたび「ああ、またダメだった」
とがっかりしているのではないでしょうか?
 
きっと、ダメなことばかりに目がいっていないでしょうかね?
 
 
でも、ちょっと意識を変えてみてほしいのです。
妊活しているということは、ありがとうだと思うのです。
 
 
なぜなら、ありがとうと思うような状況じゃないと妊活ってできないですよね?
 
例えばですが、若くても病気で子宮を摘出しなければならなかった女性もいるでしょう。
妊活したくても、もう生理がなくなる年齢だったら……?
産みたくても育てられない環境だったら?
妊活にかかる時間とお金に余裕がなかったら……?
パートナーが子どもをほしくないひとだったら……?
 
妊活したくてもできない女性が世の中にはいるのではないでしょうか。
 
 
だから、まずは、妊活できる、できているという状況や環境、そして何より自分のカラダに感謝なのだと思うんですよね。
 
 
そうすると、今まではうまく行かなかったことにばかりに意識がいっていたのが、
ありがたいという意識で見れるようになるんじゃないかしら?
 
 
 
ご自身のお腹に手を当てて、言ってみましょう。「ありがとう」と。
 
手をあてていると、だんだん温かくなったり、お腹の中で動いたりなど
何かしらの反応があるかもしれませんよ。
普段、自分のお腹に手を当ててみないと、わからないことですよね。
 
 
感謝からは、いいことが生じるけれど、
責めたり、ダメ出しからは、いいことは生じませんから。
 
 
自分のカラダに感謝することから、はじめたいですね。